自己PRの書き方

自己PRでは、「あなたはどのような人か」を聞かれています。
具体的なエピソードを用いて、自分自身の考え方や信条、強みを、自分のことばで素直に伝えましょう。
エピソードは、何か困難にぶつかり、それを乗り越えた経験を材料にすると、書きやすいです。
全体の流れは、
1.あなた自身の信条、大切にしていること、強み

2.具体的なエピソード
(何を経験し、その時、あなたはどう感じ、何を考えたのかorどんなことを心がけたのかorどう行動し、何を工夫したのかor何を学んだのか)

3.会社に入ってからどんなことをしたいのか、どんな社会人になりたいのか
の3ステップで書くと、まとまった内容になります。

自己PR回答例

私の強みは、物事を的確に分析し、そしてその改善策を提案できることです。
学生時代、私はバレーボールサークルに所属していました。そのサークルは、大会で、ほとんど勝つことができない弱小サークルでした。
私はなんとかして勝てるチームにしたい、と思い、状況を分析しました。分析した結果、負けてしまう原因は、友達意識が強すぎて、仲間の失敗を指摘できるチームメイトがいないことだと気付きました。そして、改善策として、毎回練習後に反省会を開き、意見交換の場を作ること、その内容をノートに書き留め、次回練習時に改善されたかどうか必ずチーム全員に確認することをコーチに提案しました。
その案が採用され、実行されるようになってから、足りないところをお互い指摘し合い、みんなでどうしたらいいのかを考え、確実に補強していく体制ができ、チーム全体の力をメキメキ上げることができました。結果、67チームが参加する○○大会で優勝することができました。
社会人になってからも、現状の問題点は何であるのかを常に分析し、どんどん改善策を提案していきたいと思っています。