成功体験、失敗体験の書き方

成功体験は、基本的に『学生時代に力を入れたこと』と同じ内容を書けばOKです。
自分なりに何を工夫したのかなどを書くと良いでしょう。成功体験なので、具体的な成果を書くのを忘れずに。ここでも、数字を交えて書けると、読み手がイメージしやすくなり、良いエントリーシートになります。
失敗体験では、経験だけを書くのではなく、必ずその失敗から何を学んだのかを書くようにしましょう。

成功体験回答例

私の成功体験は、自分でシルバージュエリーのネットショップを開設し、ネット販売を行い、50万円の利益を上げることができたことです。
ジュエリーデザイナーを目指している友人の作品を、私がWEB上で販売したのですが、最初は思うように利益をあげることができませんでした。
ネット販売について独学を進めていく中で、リピーターの確保が最も重要だということに気付きました。そして、リピーター特典制度や、リピーターの方へ週一回メールマガジンを送るなどのサービスをはじめたところ、50人以上のリピーターを確保することができ、利益を上げられるようになりました。
私は、この体験から、販売において大切なのは、販売した後のきめ細かなフォローだということを学びました。
御社の接客業務でも、この経験を活かしていきたいと思います。