メーカーへ就職を希望する方へ。
エントリーシートを書くコツをお伝えいたします。

スポンサードリンク

メーカー編

メーカーで必要とされる素質は、「主体性」「好奇心」「探究心」「コミュニケーション能力」などです。

志望動機を書く際、「同業他社がたくさんある中で、何故この会社なのか」という理由を書きます。その時に、会社が掲げているキャッチフレーズだけでなく、もう一歩踏み込んで会社の特徴をとらえましょう。例えば、会社のこれまでの動きや今後の戦略やなどです。関連書籍や新聞、OB・OG訪問で企業研究をしっかりと行い、把握しておきましょう。うわべだけでなく、きちんと企業研究した上での、的を射た志望動機は、採用担当者を「面接に呼んでみたい」という気持ちにさせます。

メーカーの志望動機で書いてしまいがちなのが、「○○が好きだから、○○に関わる仕事がしたい」という志望動機です。例を挙げると、車が好きだから自動車関連の仕事がしたい、パンが好きだからパンのメーカーに就職したい、という感じです。
絶対に書いてはいけない、というわけではありませんが、「好き」なだけでは仕事になりません。
憧れや漠然としたイメージだけで会社を選んでいるような印象は、マイナス評価につながります。
具体的な業務内容をしっかり把握した上で、「自分は会社のために何ができるのか」というアピールを必ず書き加えるようにしましょう。

メーカーの志望動機で使えるフレーズとしては、「(商品)を通して人々に喜びを届けたい」「(ターゲット)に、もっと快適な(美しい・豊かな・便利な)暮らしを提供していきたい」など、またエンジニア系であれば「ものづくりで社会に貢献したい」、営業系であれば「良いものを世の中にもっと広めたい」などが挙げられます。