流通、サービス編

サービス業界での志望動機のタブーは、「『お客様』目線からの憧れ」を志望理由として書くことです。サービス業界で働くということは、サービスを受ける側ではなく、サービスを提供する側にまわるということ。『お客様』目線ではなく、サービスを提供する側として、きちんと業務を把握した上で、志望理由を書きましょう。

流通・サービスの志望動機で「将来独立を考えているので、その勉強のため」と書く人がいます。採用担当者は、「独立」という単語を読むと、「すぐに退職してしまわないか?」と不安に思います。
このような志望動機を書く場合は、「どんな風に会社の利益に貢献できるか」という会社への献身性を書き添えて、フォローすることを忘れないようにしましょう。

流通・サービスの志望動機で使えるフレーズとしては、「人に喜んでもらえるサービスの仕事がしたい」「多くの人と直接かかわる仕事がしたい」などが挙げられます。